V1ミニクラシック


サーバーセットアップマニュアル

V1ミニクラシックシリーズには4つのモデルがあります:

(1)iPollo V1 mini Classic;

(2)iPollo V1 mini Classic WiFi;

(3)iPollo V1 mini Classic Plus;

(4)iPollo V1 mini ClassicPlusWiFi。

使用中はネットワーク設定のみが異なり、WiFiバージョンと有線接続バージョンに分けられます。

私。 V1 mini Classic WiFi:使用前に確認

1。検査のためのサイン

(1)新しいサーバーにサインするときは、パッケージの外観が破損していないか確認してください。破損がございましたら、写真を撮り、アフターサービスまでご連絡ください。

(2)開封後、サーバーケースが変形していないか、ファンや接続ケーブルが破損していないか、ケーブルが破損していないか確認してください。破損がございましたら、写真を撮り、アフターサービスまでご連絡ください。

(3)サーバーに異音がないか確認してください。異音がする場合は、アフターサービスまでご連絡ください。

2。アフターセールスの連絡先情報

(1)公式ウェブサイト:www.ipollo.com

(2)公式Wechatアカウント:iPollo

(3)Facebook: @iPolloMiner

(4)Twitter: @ iPolloMiner

(5)Eメール:support@ipollo.com

(6)YouTube: iPolloMiner

3。ノート

(1)推奨周囲温度範囲:10℃〜25℃。

(2)ハッシュレートは、マイニングプールの24時間ハッシュレートの対象となります。

(3)コンピューティングボードを腐食させたり、サーバーの放熱に影響を与えたりしないように、ほこりや異物に注意してください。

(4)サーバーのバックグラウンドを参照するには、GoogleブラウザまたはFirefoxブラウザを使用することをお勧めします。

(5)電源ケーブルおよび信号ケーブルの電源を入れたり抜いたりすることは固く禁じられています。サーバーの電源装置のAC側は確実に接地する必要があります。

II。 V1 mini Classic WiFi:製品紹介

1。主なコンポーネント

(1)「1」:WiFi信号受信機

(2)「2」:電源ケーブル

(3)「3」:V1ミニクラシックWiFi

(4)「4」:電源アダプター(写真は参考用です。実際の製品を参照してください。)

2。インターフェイスの紹介

障害:障害警告灯。ほとんどの場合、このライトが点滅すると、a

障害:発生しました

通常:実行中のインジケーターライト。ほとんどの場合、このライトが点灯しているときは、マシンが正常に動作していることを示しています

リセット:サーバーの工場出荷時のリセットボタン

IPレポート:show IPソフトウェアを使用して、このサーバーのIPをコンピューターにフィードバックします

TFカード:SDカードスロット

電源:電源インターフェース

ANT:WIFIアンテナ

ETH:ネットワークインターフェース

3。ノート

(1)サーバーを稼働させる際は、下図のように配置してください。つまり、サーバーに損傷を与えないように平らに保ってください。

(2)ソケットはサーバーの近くに設置し、簡単にアクセスできるようにする必要があります。

(3)電源を供給する前に、2つの6PIN電源ポートを同時に接続する必要があります。

(4)本製品を正常に動作させるには、100〜240VACの電源入力が必要です。サーバーの電源をオフにするときは、最初に電源スイッチをオフにする必要があります。

(5)安全のため、サーバーのネジを外すことは禁止されています。

(6)ケーシングの金属ボタンを押さないでください。

III.V1 mini Classic WiFi:使用と構成

1。サーバー接続

(1)電源接続

V1 mini ClassicWiFi専用電源には2つの6PINDC出力があり、電源の入力は100〜240VACです。接続が良好であることを確認した後、サーバーは正常に動作します。

(2)インターネット接続

(2-1)有線接続

サーバーインターフェースパネルで「ETH」と表示されているインターフェースは、ネットワークケーブルインターフェースです。ケーブルを挿入するときは、方向に注意してください。クリスタルヘッドを所定の位置に挿入してください。所定の位置に挿入すると、通常、軽い「カチッ」という音が聞こえます。

(2-2)WiFi接続

写真の赤いボックスはWiFiアンテナです。WiFi信号を接続できます。詳細については、「ipollo.com/support」をご覧ください。

2。サーバーにログインします

2.1サーバーIPを見つける

サーバーの電源がオンになり、インターネットに接続されると、サーバーの起動が開始されます。サーバーの正常な状態が点灯し始めたら、サーバーのIPを見つけることができます。 「showIP」ソフトウェアを使用してサーバーを見つけることができます

次のIP:

(1)ソフトウェアのダウンロード:IPを表示

(2)「ShowIP」をダブルクリックしてソフトウェアを開きます。

(3)サーバーの「IPレポート」ボタンを1秒間短く押して放します。

(4)サーバーのIP情報は、次のようにPCにフィードバックされます。

注:サーバーとPCは同じネットワークセグメントに存在する必要があります。そうでない場合、サーバーから返されたIP情報を受信できません。

2.2サーバーの舞台裏管理システムに入る

(1)サーバーのIPを見つけたら、取得したIPアドレスをブラウザーに入力し(Googleを推奨)、Enterキーを押してサーバーのログインインターフェイスに入り、デフォルトの管理者アカウントとパスワードを入力します:root

(2)「ログイン」を押して、次のようにサーバーバックステージ管理システムに入ります。

3。サーバー設定

「構成」の「マイナー構成」インターフェースをクリックして、「マイニングプール」と「ネットワーク」を設定します

3.1マイニングプール情報を入力する

注:このマニュアルでは、例として「antpool」を取り上げています。

ETCマイニングアドレス:stratum + tcp:// 47.108.153.82:8008

(1)「プール構成」を選択し、マイニングプール情報を入力します

(1-1)「マイニングプール1」の「URL」には、ETC AntPoolマイニングリンクアドレス:stratum + tcp://47.108.153.82:8008

が入力されています。

(1-2)「プール1」の「ワーカー」は「ipollomini.001」に入力します。 「ipollomini」は、対応するマイニングプールアカウントのカスタム「サブアカウント」です。 「.001」の接尾辞が付いた番号は、サーバーを区別するために使用される番号です;)。

注:数字や文字の組み合わせなどのカスタマイズでは、英語のピリオドを使用してそれらを区切り、対応する文字のみを変更し、スペースや句読点を増減しないでください)

注:「プール1」が切断されてサーバーが機能しなくなるのを防ぐために、「プール2」と「プール3」を同時に設定して、システムが確実に機能するようにすることをお勧めします。 「プール1」がオフラインになると、通常の操作では自動的に「プール2」または「プール3」に切り替わります。

3.2ネットワーク設定

ネットワーク接続に関して、V1miniClassicシリーズ製品は「有線接続」と「WiFi接続」の2つのモデルに分けられます。以下の手順に従って、取得した対応するモデルに従ってサーバーを設定できます。

3.2.1有線接続

(1)「ネットワーク構成」を選択し、ネットワーク情報を入力します:

(2)プロトコル列で、「DHCP(動的)」または「静的」(オプション)のいずれかを選択します。

(2-1)「DHCP(動的)」を選択状態:サーバーが自動的にIPアドレスを取得します

設定後、「保存して適用」をクリックすると、システムが保存され、自動的に再起動して有効になり、サーバーが正常に動作を開始します。

これでサーバーの構成が完了しました。鉱夫になりました。おめでとうございます。

(2-2)「静的」状態を選択

(a)IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、DNSサーバーを下の4つのボックスに順番に入力し、[保存して適用]をクリックします

(b)ページのバッファリングが完了した後、サーバーの構成が完了しました。マイナーになりました。

注:図(静止画)の「ネットワーク構成」に記入されているプロトコル情報は参照用です。詳細については、オンサイトのネットワークプロトコル情報を参照してください。

3.2.2WiFi接続

(1)V1 mini Classic WiFiサーバーの電源がオンになると、WiFi信号「iPollo_XXXXX」が送信されます。ノートパソコンの電源を入れ、ワイヤレス信号「ipollo_XXXXX」に接続します

(2)WebサイトでサーバーのデフォルトIPアドレス「192.168.2.1」を参照して、サーバーのログインインターフェイスに入ります。

(3)パスワード「root」を入力してサーバーのバックグラウンド制御インターフェースに入り、「Wireless」をクリックしてワイヤレス設定インターフェースに入ります

(4)SSIDと対応するパスワードを変更します(エラーがないことを確認してください。エラーがない場合、サーバーは正しいネットワークに接続できません)

(5)編集後、[保存して適用]をクリックします

(6)アプリケーションの後、サーバーの電源をオフにして再起動する必要があります;

(7)ラップトップは無線信号「ナノ(コンピュータが属する環境のネットワーク)」に接続されています

(8)showIPツールを開き、サーバーの[IPレポート]ボタンを押して、WiFi設定のIPであるサーバーの新しいIPアドレスを取得します。

(9)Google Chromeを使用して、上記のツールshowIPで表示されるIPにログインし、サーバー管理のバックグラウンドを入力し、マイニングプール情報を入力してサーバー設定を完了します。

3.3ログインパスワードの変更

サーバーのログインパスワードを変更する必要がある場合の操作方法は以下のとおりです。

(1)サーバーの電源がオンになっていて、ネットワークに接続されている;

(2)ブラウザ(Google)を使用して、サーバーのIPアカウントのパスワードとログイン情報を順番に入力し、サーバーのWebページの背景を入力します。

(3)「システム」をクリックし、「パスワード変更」を選択します;

(4)「新しいパスワード」に変更した新しいパスワードを入力し、「確認」にもう一度変更した新しいパスワードを入力し、下の「保存」をクリックして有効にします。

注:上記の例では、「Antpool」マイニングプールを使用しています。他のマイニングプールを使用する場合は、使用するマイニングプールのアドレスに変更し、対応するマイニングプールの操作手順を参照してください。

IV。警告

このデバイスは、FCC規則のパート15に準拠しています。操作には、次の2つの条件が適用されます。(1)このデバイスは有害な干渉を引き起こさないこと、および(2)このデバイスは、望ましくない操作を引き起こす可能性のある干渉を含め、受信した干渉を受け入れる必要があります。

注意:コンプライアンスの責任を負う当事者によって明示的に承認されていない変更または修正を行うと、機器を操作するユーザーの権限が無効になる可能性があります。

注:この機器はテスト済みであり、FCC規則のパート15に準拠したクラスBデジタルデバイスの制限に準拠していることが確認されています。これらの制限は、住宅設備での有害な干渉に対する合理的な保護を提供するように設計されています。この装置は、無線周波数エネルギーを生成、使用、および放射する可能性があり、指示に従って設置および使用しない場合、無線通信に有害な干渉を引き起こす可能性があります。ただし、特定の設置で干渉が発生しないという保証はありません。この機器がラジオやテレビの受信に有害な干渉を引き起こす場合は、機器の電源をオフにしてからオンにすることで判断できます。ユーザーは、次の1つ以上の方法で干渉を修正することをお勧めします。

-受信アンテナの向きを変えるか、位置を変えます

-機器と受信機の間隔を広げます。

-受信機が接続されているものとは別の回路のコンセントに機器を接続します。

-ディーラーまたは経験豊富なラジオ/テレビ技術者に相談してください。

重要なヒント

(1)機械が正常に稼働した後、安定性の基準として「マイニングプールの24時間計算能力」を使用してください。

(2)機械の損傷や安全事故を防ぐために、元の標準電源を使用することをお勧めします。

(3)電源投入時の電圧ショックを抑えることができるオリジナルの標準電源を使用してみてください。

(4)機械に水やその他の液体、特にシェル以外の部分を飛ばさないように注意してください。

(5)換気と放熱に注意し、通気口をふさがないようにし、可燃物や布地の上に置かないでください。

(6)問題を確認するためにケーシングを取り外す必要がある場合は、必ずカスタマーサービスに連絡し、保証なしに無断でケーシングを開けてください