B1の説明


I。使用前に確認

1。検査のためのサイン

(1)新しいサーバーにサインするときは、パッケージの外観が破損していないか確認してください。破損がございましたら、写真を撮り、アフターサービスまでご連絡ください。

(2)開封後、サーバーケースが変形していないか、ファンや接続ケーブルが破損していないか、ケーブルが破損していないか確認してください。破損がございましたら、写真を撮り、アフターサービスまでご連絡ください。

(3)サーバーに異音がないか確認してください。異音がする場合は、アフターサービスまでご連絡ください。

レンダリングは参照用であり、実際の製品が優先されます

2。アフターセールスの連絡先情報

(1)公式ウェブサイト: www.ipollo.com

(2)iPollo公式Wechatアカウント iPollo

(3)Facebook @iPolloGlobal

(4)Twitter @iPolloGlobal

(5)Eメール support@ipollo.com

3。ノート

(1)サーバーは、ルーターまたはスイッチに有線でのみ接続できます。

(2)使用時の周囲温度は30℃以下にすることをお勧めします。

(3)コンピューティングボードを腐食させたり、サーバーの放熱に影響を与えたりしないように、ほこりや異物に注意してください。

(4)サーバーのバックグラウンドを参照するには、GoogleブラウザまたはFirefoxブラウザを使用することをお勧めします。

(5)電源ケーブルおよび信号ケーブルの電源を入れたり抜いたりすることは固く禁じられています。サーバーの電源装置のAC側は確実に接地する必要があります。

II。製品紹介

1。外観(レンダリングは参照用であり、実際の製品が優先されます)

メモ

(1)サーバーを実行する際は、上の図のように配置してください。つまり、サーバーに損傷を与えないように平らに保ってください。

(2)ソケットはサーバーの近くに設置し、簡単にアクセスできるようにする必要があります。

(3)サーバーを正常に動作させるには、220Vの電源入力が必要です。サーバーの電源をオフにするときは、最初に電源スイッチをオフにする必要があります。

(4)安全のため、サーバーのネジを外すことは禁止されています。

(5)ケーシングの金属ボタンを押さないでください。

2。主なコンポーネント

3。インターフェイスの概要(レンダリングは参照用であり、実際の製品が優先されます)

TFカード

SDカードスロット

IPレポート

show IPソフトウェアを使用して、このサーバーのIPをコンピューターにフィードバックします

ETH

ネットワークインターフェース

リセット

サーバーの工場出荷時のリセットボタン

障害

故障警告灯。ほとんどの場合、このライトが点滅しているときは、障害が発生したことを示しています

通常

ランニングインジケーターライト。ほとんどの場合、このライトが点灯しているときは、マシンが正常に動作していることを示しています

III。 B1

の使用

1。サーバー接続

(1)インターネット接続

サーバーインターフェースパネルで「ETH」とマークされたインターフェースは、ネットワークケーブルインターフェースです。ケーブルを挿入するときは、方向に注意してください。クリスタルヘッドを所定の位置に挿入してください。所定の位置に挿入すると、通常、軽い「カチッ」という音が聞こえます。

(2)電源接続

B1の電源にはC20プラグがあり、220VAC電源を接続して初めてサーバーが正常に動作します

2。サーバーにログインします

2.1サーバーIPを検索

サーバーの電源がオンになり、インターネットに接続されると、サーバーの起動が開始されます。サーバーの正常な状態が点灯し始めたら、サーバーのIPを見つけることができます。 「showIP」ソフトウェアを使用して、次のようにサーバーIPを見つけることができます。

(1)ShowIPソフトウェアのダウンロード:http://www.nano.cn/download/ShowIP.exe

(2)「showIP」をダブルクリックしてソフトウェアを開きます。

(3)サーバーの「IPレポート」ボタンを1秒間短く押して放します。

(4)サーバーのIP情報は、次のようにツールウィンドウに表示されます。

注:サーバーとPCは同じネットワークセグメントに存在する必要があります。そうでない場合、サーバーから返されたIP情報を受信できません。

2.2サーバーの舞台裏管理システムに入る

(1)サーバーのIPを見つけたら、取得したIPアドレスをブラウザに入力し(Googleを推奨)、Enterキーを押してサーバーのログインインターフェイスに入ります。

(2)ログインインターフェースでユーザー名とパスワードを入力した後(ユーザー名とパスワードはデフォルトでrootです)、「ログイン」を押してサーバーバックステージ管理システムに入ります。

3。サーバー設定

3.1 マイニングプール情報を入力

注:このマニュアルでは、例としてviabtcマイニングプールを取り上げています:https://www.viabtc.com/

Btcマイニングアドレス1:stratum + tcp://btc.viabtc.top:3333

Btcマイニングアドレス2:stratum + tcp://btc.viabtc.top:25

Btcマイニングアドレス3:stratum + tcp://btc.viabtc.top:443

(1)「マイナー構成」をクリックして、マイニングプール構成とハードウェア構成ページに入ります。

(2)「アドレス」には、マイニングプールの対応する通貨で表示されるBTCマイニングプールのマイニングリンクアドレスを入力する必要があります。

(詳細な方法については、https://www.viabtc.com/pool/stateを参照してください)

(3)「Miner」と「ipollol1」は、対応するマイニングプールアカウントに設定された「サブアカウント」であり、「。001」の接尾辞が付いた番号は、サーバーを区別するために使用される番号です。

(詳細な方法については、https://www.viabtc.com/setting/accountを参照してください)

(4)パスワードを変更する必要はありません(デフォルトで十分です)。

注: 「Pool1」が切断されてサーバーが機能しなくなるのを防ぐために、「Pool2」と「Pool3」を同時に設定することをお勧めします「プール1」がオフラインになったときに、システムが自動的に「プール2」または「プール3」に切り替わり、通常の操作が行われるようにします。

3.2ネットワーク設定

(1)「マイナー構成」をクリックしてサーバーネットワーク構成ページに入ります。

(2)プロトコル列で、「DHCP(動的)」または「静的」(オプション)のいずれかを選択します。

(2-1)「DHCP(動的)」状態を選択

(a)「DHCP(動的)」状態を選択します。

(b)[保存して適用]を選択すると、ページのバッファリングが完了した後に有効になり、変更された情報が有効になります。 ここで終了し、サーバーの構成が完了しました。鉱夫になっておめでとうございます。

(2-2)「静的」状態を選択

(a)IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、DNSサーバーを順番に下の4つのボックスに入力します。

(b) 次に、[保存して適用]をクリックします。ページのバッファリングが完了すると有効になります。 サーバーの構成が完了しました。マイナーになりました。おめでとうございます。

画像(静的)

33ログインパスワードの変更

(1)サーバーの電源がオンになっていて、ネットワークに接続されています。

(2)ブラウザからサーバーのIP、アカウント、パスワードのログイン情報を順番に入力してサーバーのWebページの背景を入力し、[パスワードの変更]をクリックします。

(3)新しいパスワードを入力します。

(4)変更した新しいパスワードをもう一度入力し、下をクリックして保存して有効にします。

注:例として、ViaBtcマイニングプールを使用します。他のマイニングプールを使用する場合は、使用するマイニングプールのアドレスを変更し、対応するマイニングプールの操作手順を参照してください。

IV。重要なお知らせ

1。マシンが正常に動作した後、安定性の基準として「マイニングプールの24時間ハッシュレート」を使用してください。

2。機械の損傷や安全上の事故を避けるために、元の標準電源を使用することをお勧めします。

3。電源投入時の電圧ショックを抑えるために、元の標準電源を使用してみてください。

4。機械に水やその他の液体、特にケース以外の部品をこぼさないように注意してください。

5。換気と放熱に注意し、通気口をふさがないでください。また、可燃性の素材や布地の上に置かないでください。

6。問題を確認するためにケースを分解する必要がある場合は、最初にカスタマーサービスサポートに連絡してください。許可なくケースを開けると、保証が無効になります。